コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際地質科学連合 こくさいちしつかがくれんごう International Union of Geological Sciences; IUGS

3件 の用語解説(国際地質科学連合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際地質科学連合
こくさいちしつかがくれんごう
International Union of Geological Sciences; IUGS

地質学研究の促進を目的に,国際学術連合会議(→国際科学会議)傘下の組織として 1961年に発足。日本は日本学術会議が加盟し,地質学研究連絡委員会が対応している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐ちしつかがくれんごう〔‐チシツクワガクレンガフ〕【国際地質科学連合】

地質学・地球科学分野の国際協力を目的とする学術団体。1961年に設立。事務局はノルウェーのトロンハイム。IUGS(International Union of Geological Sciences)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際地質科学連合
こくさいちしつかがくれんごう
International Union of Geological Sciences

地質学関係の国際的学術団体。地質学および関係科学からなる地質科学の諸問題の研究の促進と奨励、地質学および関係科学における国際的協力の助成、国際的協力体制の確立、そして4年ごとに開催される万国地質学会議の援助を目的として、1961年3月に設立された。略称IUGS。日本名は初め国際地学連合とされた。国際科学会議ICSU)の下部機構として活動する。2015年3月の時点で、121の国と地域、国際古生物学協会、国際鉱物学連合などほぼ50の国際学術団体を会員としてもつ。会員国の分担金、ユネスコの助成金、国際団体の寄付金などを財源として運営される。会員国の代表によって選出された会長1名、幹事長1名、会計幹事1名、副会長2名、理事4名と、前会長1名、前幹事長1名の計11名で執行委員会が構成され、これらが本連合の運営にあたる。日本からは日本学術会議が加盟し、その下の地質学研究連絡委員会がこれに対応している。2008年には国際地質科学連合評議会と、4年ごとに開かれる万国地質学会議評議会による統合評議会が開催され、これまで別々に議論されていた共通の諸課題が討議された。国際地質科学連合は雑誌Episodesなどの出版物を発行している。事務局はノルウェーのトロンハイム市にあるノルウェー地質調査所に置かれている。[木村敏雄・村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際地質科学連合の関連キーワードICSUSCARSCOR英語コーパス学会近代英語協会東北社会学研究会学術創成研究費研究公開促進費国際測地学・地球物理学連合海洋研究科学委員会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際地質科学連合の関連情報