コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

権力論 けんりょくろんpolitical power theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

権力論
けんりょくろん
political power theory

人が他者の意思に反してある行動をとらせることができるとき,その人は権力を持つという。権力は政治の中で重要な位置を占めてきたが,権力をとらえる方法には大きな変遷がある。軍事力や警察力のような物理的強制力という実態的な概念で権力を考える立場に対し,権力は権力者と被権力者の間の関係で成立するという立場を権力の関係概念という。この立場に立てば,物理的手段や金などは権力そのものではない。権力の具体的測定には,決定においてだれが影響力を持つかを測る決定分析などが一般的に使われてきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

権力論の関連情報