コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横井千秋 よこい ちあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横井千秋 よこい-ちあき

1738-1801 江戸時代中期-後期の国学者。
元文3年3月1日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。用人などをつとめるかたわら本居宣長(もとおり-のりなが)にまなび,巨資を投じて宣長の「古事記伝」などの出版を援助した。享和元年7月24日死去。64歳。名は宏時。通称は金吾,吉平,十郎左衛門。別号に木綿苑(ゆうぞの)。著作に「詩歌論」「天真中詞(あめのまなかのことば)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

よこいちあき【横井千秋】

1738‐1801(元文3‐享和1)
江戸中・後期の国学者。名古屋に生まれる。通称十郎左衛門。木綿園とも称す。本居宣長の門人。尾張藩の重臣として要職を勤めるかたわら国学に励み,宣長の大著《古事記伝》の出版を援助,宣長学の普及に協力した。1789年(寛政1)宣長最初の名古屋行は千秋らの要請による。宣長を尾張藩に召し抱えることも企図した。編著は《天真中詞》《玉鉾百首解》《八尺勾瓊考》《詩歌論》《白真弓》など。【南 啓治】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

横井千秋 (よこいちあき)

生年月日:1738年3月1日
江戸時代中期;後期の国学者
1801年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

横井千秋の関連キーワード横井時冬生年月日鈴木真実

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android