コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横地島狄子 よこじ とうてきし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横地島狄子 よこじ-とうてきし

?-1702 江戸時代前期の医師。
横地楚山の祖父。医療のかたわら,書を堀江逸風(治部斎)にまなび,能書家として知られ,社寺の題額をおおく手がける。元禄(げんろく)8年徳川光圀(みつくに)の命をうけ「佐渡地志」をあらわした。元禄15年5月1日死去。佐渡(新潟県)出身。名は道精,正時。通称は玄常

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

横地島狄子の関連キーワード横地楚山

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android