横地島狄子(読み)よこじ とうてきし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横地島狄子 よこじ-とうてきし

?-1702 江戸時代前期の医師。
横地楚山の祖父。医療のかたわら,書を堀江逸風(治部斎)にまなび,能書家として知られ,社寺の題額をおおく手がける。元禄(げんろく)8年徳川光圀(みつくに)の命をうけ「佐渡地志」をあらわした。元禄15年5月1日死去。佐渡(新潟県)出身。名は道精,正時。通称は玄常

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android