横地楚山(読み)よこじ そざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横地楚山 よこじ-そざん

1696-1745 江戸時代中期の医師。
元禄(げんろく)9年生まれ。京都にでて松岡恕庵(じょあん)にまなび,郷里の佐渡(新潟県)にかえって医療のかたわら,経史をおしえ,のち陣屋付医師となる。享保(きょうほう)17年江戸にうつり,20年水戸藩の藩医となった。延享2年4月25日死去。50歳。初名は就正,のち正務。通称は玄常。著作に「医学的」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android