コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山重 よこやま しげる

1件 の用語解説(横山重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山重 よこやま-しげる

1896-1980 昭和時代の国文学者。
明治29年1月22日生まれ。島木赤彦に師事して「万葉集」を研究。のち琉球史料,室町時代物語,古浄瑠璃(じょうるり)へと研究をひろげて多数の校本を刊行した。昭和55年10月8日死去。84歳。長野県出身。慶大卒。校本に「琉球神道記」「古浄瑠璃正本集」,随筆に「書物捜索」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

横山重の関連キーワード黒人問題醸造業印僑深刻小説RCA自動車工業スペイン映画北欧映画ウォン恐怖映画

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

横山重の関連情報