コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横川良助 よこかわ りょうすけ

1件 の用語解説(横川良助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横川良助 よこかわ-りょうすけ

1774-1858* 江戸時代後期の郷土史家。
安永3年生まれ。陸奥(むつ)盛岡大慈寺に20年余寄寓(きぐう)し,盛岡藩の草創期から嘉永(かえい)までの民間史料を発掘して「内史略」44巻,「飢饉(ききん)考」などをあらわす。和算にすぐれた。安政4年12月23日死去。84歳。名は直胤。通称は良介ともかく。著作に「見聞随筆」「未済算法」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

横川良助の関連キーワードルイルイ安政の大獄福永十三郎嶺春泰ルイ[16世]落語トゥック小林良典ペリー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone