コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横浜生糸取引所 よこはまきいととりひきじょ

世界大百科事典 第2版の解説

よこはまきいととりひきじょ【横浜生糸取引所】

繭糸の取引を目的とした横浜にある商品取引所。その前身である横浜取引所は1894年に設立され,生糸,絹織糸輸出が活況を呈するとともに世界の指標市場として注目さ,また同時に日本経済の景況を測るバロメーター役をも果たした。第2次大戦によって閉鎖されたが,1951年会員組織の横浜生糸取引所として新発足した。取引対象商品は生糸で,生糸検査規則による27中3A格を標準品とする6限月制の先物取引を行っている。戦前の日本は世界の生糸生産のほぼ7割を占め,生産のうち6割前後が輸出に振り向けられていたが,戦後光沢の似た割安のナイロンの出現で国内,輸出とも後退の一途をたどり,1970年代以降は安値の輸入品が出回っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

横浜生糸取引所の関連キーワード石黒 武重山崎 紫紅繭糸

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android