コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横浜生糸取引所 よこはまきいととりひきじょ

1件 の用語解説(横浜生糸取引所の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

よこはまきいととりひきじょ【横浜生糸取引所】

繭糸の取引を目的とした横浜にある商品取引所。その前身である横浜取引所は1894年に設立され,生糸,絹織糸輸出が活況を呈するとともに世界の指標市場として注目さ,また同時に日本経済の景況を測るバロメーター役をも果たした。第2次大戦によって閉鎖されたが,1951年会員組織の横浜生糸取引所として新発足した。取引対象商品は生糸で,生糸検査規則による27中3A格を標準品とする6限月制の先物取引を行っている。戦前の日本は世界の生糸生産のほぼ7割を占め,生産のうち6割前後が輸出に振り向けられていたが,戦後光沢の似た割安のナイロンの出現で国内,輸出とも後退の一途をたどり,1970年代以降は安値の輸入品が出回っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone