コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横浜生糸取引所 よこはまきいととりひきじょ

1件 の用語解説(横浜生糸取引所の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

よこはまきいととりひきじょ【横浜生糸取引所】

繭糸の取引を目的とした横浜にある商品取引所。その前身である横浜取引所は1894年に設立され,生糸,絹織糸輸出が活況を呈するとともに世界の指標市場として注目さ,また同時に日本経済の景況を測るバロメーター役をも果たした。第2次大戦によって閉鎖されたが,1951年会員組織の横浜生糸取引所として新発足した。取引対象商品は生糸で,生糸検査規則による27中3A格を標準品とする6限月制の先物取引を行っている。戦前の日本は世界の生糸生産のほぼ7割を占め,生産のうち6割前後が輸出に振り向けられていたが,戦後光沢の似た割安のナイロンの出現で国内,輸出とも後退の一途をたどり,1970年代以降は安値の輸入品が出回っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

横浜生糸取引所の関連キーワード米相場商品取引所取引所金融商品取引所相場表薄敷過当売買適合性の原則関西商品取引所カバー取引

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone