コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横瀬成繁 よこせ なりしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横瀬成繁 よこせ-なりしげ

?-1501 室町-戦国時代の武将。
横瀬国繁の子。上野(こうずけ)(群馬県)新田荘金山(かなやま)城の岩松尚純(ひさずみ)の重臣。明応4年尚純との抗争にかち,その子昌純をたてて政務の実権をにぎり,横瀬氏発展の基礎をきずいた。文亀(ぶんき)元年8月8日死去。名は業繁とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

横瀬成繁の関連キーワード横瀬国繁

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android