横瀬成繁(読み)よこせ なりしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横瀬成繁 よこせ-なりしげ

?-1501 室町-戦国時代の武将。
横瀬国繁の子。上野(こうずけ)(群馬県)新田荘金山(かなやま)城の岩松尚純(ひさずみ)の重臣。明応4年尚純との抗争にかち,その子昌純をたてて政務の実権をにぎり,横瀬氏発展の基礎をきずいた。文亀(ぶんき)元年8月8日死去。名は業繁とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android