コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩松尚純 いわまつ ひさずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩松尚純 いわまつ-ひさずみ

?-? 戦国時代の武将。
明応3年(1494)祖父の家純から上野(こうずけ)(群馬県)金山城をつぐ。翌年家臣の横瀬成繁(なりしげ)に実権をうばわれ隠居。和歌,連歌にすぐれ,宗祇(そうぎ)や宗長らをむかえ連歌の会をひらいた。一説に寛正(かんしょう)2年(1461)生まれで,永正(えいしょう)8年(1511)死去。号は静喜。姓は新田ともいい,名は「なおずみ」ともよむ。著作に「連歌会席式」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岩松尚純

生年:生没年不詳
戦国時代の武将。上野国(群馬県)新田荘の領主。家純の孫,明純の子。明応3(1494)年に祖父家純の死去により家督を継ぐが,翌4年に家老の横瀬国繁・成繁父子と争って敗れ,子の昌純に家督を譲って隠居。母が室町幕府の政所代を務め連歌の名手であった蜷川親当の娘であったことから,和歌や連歌に通じていたが,隠遁生活の中で一層この道を究めた。永正6(1509)年には関東に来た宗長と連歌を行い,また和歌の注釈や連歌の指導にも携わった。その著述『連歌会席式』は連歌会に臨む際の心得を記したものである。

(山田邦明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の岩松尚純の言及

【岩松氏】より

…1417年(応永24)上杉禅秀の乱において,岩松満純は,上杉禅秀に味方して滅亡する。岩松氏はまもなく再建されるが,礼部・京兆二家に分かれ,享徳の乱の過程で後者は滅亡し,前者の岩松尚純・昌純も,16世紀中葉には,家臣の横瀬(由良)氏に実権を奪われる。岩松尚純は宗祇と親交があり,連歌に通じていた。…

※「岩松尚純」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩松尚純の関連キーワード岩松昌純岩松氏純新田尚純

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android