横田亀代(読み)よこた きよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横田亀代 よこた-きよ

1836-1910 明治時代の婦人運動家。
天保(てんぽう)7年生まれ。横田秀雄,小松謙次郎,和田英の母。信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩士の娘。17歳で同藩士斎藤数馬を婿にむかえ,3男5女をそだてる。立身興家の家庭教育を実践。夫の死後,明治21年松代婦人会会頭となり,婦人矯風事業にたずさわった。明治43年死去。75歳。本名はきよ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android