コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横田亀代 よこた きよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横田亀代 よこた-きよ

1836-1910 明治時代の婦人運動家。
天保(てんぽう)7年生まれ。横田秀雄,小松謙次郎,和田英の母。信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩士の娘。17歳で同藩士斎藤数馬を婿にむかえ,3男5女をそだてる。立身興家の家庭教育を実践。夫の死後,明治21年松代婦人会会頭となり,婦人矯風事業にたずさわった。明治43年死去。75歳。本名はきよ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

横田亀代の関連キーワードビュヒナー(Karl Georg Büchner)新聞小説古橋暉皃郡内騒動天保の飢饉タルカットニコライハウスフォスターニコライ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android