コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横田秀雄 よこた ひでお

美術人名辞典の解説

横田秀雄

法学博士。長野県生。東京帝大卒。東京地方裁判所判事・千葉地方裁判所部長を歴任後、大審院判事・大審院長となる。明治大学長。帝国学士院会員。昭和13年(1938)歿、77才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横田秀雄 よこた-ひでお

1862-1938 明治-昭和時代前期の司法官,法学者。
文久2年8月19日生まれ。横田正俊(まさとし)の父。小松謙次郎の兄。大審院判事をへて,大正12年大審院長となる。虎ノ門事件,一厘事件,タヌキとムジナ事件などの名判決で知られた。13年明大学長。学士院会員。昭和13年11月16日死去。77歳。信濃(しなの)(長野県)出身。帝国大学卒。著作に「物権法」「債権総論」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横田秀雄
よこたひでお

[生]文久2(1862).8.19. 信濃,松代
[没]1938.11.16. 東京
民法学者,裁判官。松代藩士の子。 1888年東京大学卒業後,司法官試補を経て 90年判事となり,東京地方裁判所,東京控訴院,函館控訴院などに勤務,1901年から大審院判事,同部長,23~27年大審院長。のち明治大学学長になった。当時の指導的法曹であるとともに民法学者としても業績を残している。主著『物権法』 (1913) ,『債権総論』 (11) ,『債権各論』 (14) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横田秀雄
よこたひでお
(1862―1937)

裁判官、法学者。文久(ぶんきゅう)2年信濃(しなの)国(長野県)松代(まつしろ)に生まれる。1888年(明治21)帝国大学法科大学卒業後、定年退官するまで裁判官を務めた。その間1923年(大正12)より大審院長となり、電気窃盗事件、一厘(りん)事件、タヌキ・ムジナ事件、虎(とら)の門事件、男子の貞操問題事件など多くの事件に関与した。かたわら民法学者として、早稲田(わせだ)、慶応、中央など各大学の講壇にたち、1924年より34年(昭和9)まで明治大学学長を務めた。『物権法』『債権法』など民法に関する著書もある。昭和12年11月16日没。後の最高裁長官横田正俊(まさとし)の父にあたる。[長尾龍一]
『手塚豊「日本の名裁判官――横田秀雄」(『法学セミナー35』所収・1959・日本評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

横田秀雄の関連キーワード8月29日吾妻光俊小林秀穂横田亀代司法官和田英

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android