横矢(読み)よこや

精選版 日本国語大辞典「横矢」の解説

よこ‐や【横矢】

〘名〙
① 敵の側面からを射ること。また、その矢。
太平記(14C後)一〇「矢倉をかきて横矢(ヨコヤ)に射させんと構たり」
② 城の出塀(だしべい)の側面につくられた矢を射る所。横矢狭間(よこやざま)
※大友興廃記(1637頃か)一六(古事類苑・兵事二五)「矢倉・屏・同横矢の分別可然ように見計はれ候へ」
③ 第三者が急に口をさしはさんで非難すること。また、そのことば。
雑俳・長ふくべ(1731)「ちょっと横矢(ヨコヤ)射で紋日の手負猪」
④ 檜物(ひもの)細工師などが用いる横槌(よこづち)の類をいう。
※浮世草子・西鶴諸国はなし(1685)四「檜物細工する者〈略〉横矢(ヨコヤ)といふ道具を取りなをして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「横矢」の解説

よこ‐や【横矢】

城の出し塀の側面に設けた矢狭間やざま。横矢狭間。
敵の側面から矢を射ること。また、その矢。
「―に射白まされ」〈太平記・一七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android