コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横隔膜のはたらき おうかくまくのはたらき

1件 の用語解説(横隔膜のはたらきの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

おうかくまくのはたらき【横隔膜のはたらき】

 横隔膜は、おもに筋肉でできた膜で、胸腔(きょうくう)(胸の内部)と腹腔(ふくくう)(腹の内部)の間にある隔壁です(図「横隔膜のはたらき」)。
 胸郭(きょうかく)と横隔膜に囲まれて密閉された左右の胸腔がふくらむと空気が吸い込まれ、縮むと空気がはきだされて呼吸が行なわれますが、横隔膜はこの運動の約60%を分担しています。
 肺気腫(はいきしゅ)(「肺気腫」)という病気では、肺胞(はいほう)がこわれて気管支が細くなり、息をはいても空気が肺から出られなくなり、肺が過剰に膨張(ぼうちょう)して、息をはいた状態でも肺が横隔膜を押し下げたままになります。この状態では横隔膜は動かなくなり、呼吸運動がうまくできなくなります。
 最近は、重症の肺気腫に肺容量減少手術が行なわれますが、これは膨張しすぎた肺を縮めるもので、これによって横隔膜の動きがよくなることも、呼吸が楽になる要因の1つと考えられています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

横隔膜のはたらきの関連キーワード横隔膜横隔膜ヘルニア胸腔縦隔腹式呼吸ミドリフ奇異性横隔膜現象キーンベック現象リッテンの横隔膜現象横隔膜 (diaphragm)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone