コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樹園地土壌 じゅえんちどじょう

1件 の用語解説(樹園地土壌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じゅえんちどじょう【樹園地土壌】

果樹,クワ,チャなど永年生の木本作物を対象として栽培している圃場(ほじよう)の土壌をいう。一般に果樹やクワはともに深根性であるので,有効土層が深く,根群の分布範囲を広げるため,下層土に適当な孔隙(こうげき)が分布し,通気性,透水性,保水性など物理的な性質が良好であることがのぞましい。日本の樹園地土壌は傾斜地に分布する場合が多く,土壌浸食をうけやすい。そのため,植付地を階段畑にしたり,等高線植えを行ったり,わらなどの粗大有機物で土壌表面を被覆するなどの手段がとられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

樹園地土壌の関連キーワード後作果樹アグロフォレストリー表作寒肥しゃなしゃなしゃなりしゃなりチャック落ちゃないチャックワゴン (chuck-wagon)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone