樹園地土壌(読み)じゅえんちどじょう

世界大百科事典 第2版の解説

じゅえんちどじょう【樹園地土壌】

果樹,クワチャなど永年生の木本作物を対象として栽培している圃場(ほじよう)の土壌をいう。一般に果樹やクワはともに深根性であるので,有効土層が深く,根群の分布範囲を広げるため,下層土に適当な孔隙(こうげき)が分布し,通気性,透水性,保水性など物理的な性質が良好であることがのぞましい。日本の樹園地土壌は傾斜地に分布する場合が多く,土壌浸食をうけやすい。そのため,植付地を階段畑にしたり,等高線植えを行ったり,わらなどの粗大有機物で土壌表面を被覆するなどの手段がとられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android