コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樽人形 タルニンギョウ

デジタル大辞泉の解説

たる‐にんぎょう〔‐ニンギヤウ〕【×樽人形】

柳樽に着物を着せて編み笠などをかぶせ、人形に見立てて宴席や花見の場などで手で持って踊らせたもの。特に元禄(1688~1704)ころに流行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たるにんぎょう【樽人形】

江戸時代、寛文・延宝(1661~1681)頃、柄のついた酒樽に着物を着せ編み笠などをかぶせて人形に仕立て、宴席などで、手で差し持って踊らせたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android