柳樽(読み)ヤナギダル

  • 柳×樽

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 (「柳」は酒のこと。酒を入れた樽の意)
① 柳の白木で作り、たがを二つかけた柄付きの平たい酒樽。婚礼などの祝儀に用いる。祝って「家内喜多留」の字を当てることがある。〔運歩色葉(1548)〕
※浮世草子・武道伝来記(1687)七「祝言の祝義として珍しからぬ塩鯛柳樽(ヤナギダル)若党四兵衛に口上云つけて」
② 酒を入れてある樽で、桶(おけ)にかがみ(ふた)をとりつけた形のもの。手のついたものもある。斗樽(とだる)
※俳諧・生玉万句(1673)「洩とまれ新酒なかるる柳樽〈利清〉 まへかんなまま藤のうら枯〈忠友〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の柳樽の言及

【樽】より

…また江戸時代になると結樽でも注器の系統をひくものが作られた。円筒形の胴の両側に兎の耳のように2本の把手がついた兎樽(うさぎだる)や柳樽(やなぎだる)で,華やかな朱漆などを塗って祝儀用に用いた。また平たい円形の平樽もあり,これを太鼓樽ともよんだ。…

※「柳樽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android