コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳樽 ヤナギダル

大辞林 第三版の解説

やなぎだる【柳樽】

[0] 二本の手のついた酒樽。胴ははじめ平たく、のち細長くなった。朱漆を塗ったりして、祝儀に酒を贈るのに用いた。
川柳句集「誹風はいふう柳多留」の略称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の柳樽の言及

【樽】より

…また江戸時代になると結樽でも注器の系統をひくものが作られた。円筒形の胴の両側に兎の耳のように2本の把手がついた兎樽(うさぎだる)や柳樽(やなぎだる)で,華やかな朱漆などを塗って祝儀用に用いた。また平たい円形の平樽もあり,これを太鼓樽ともよんだ。…

※「柳樽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柳樽の関連キーワードいたちごっこ川上 三太郎川柳(短詩)村田 周魚井上 信子誹風柳多留川上三太郎井上剣花坊吉川英治村田周魚塗り樽樽人形板目紙樽入れ柳多留角樽柳代

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android