橄欖科(読み)かんらんか

  • かんらんか ‥クヮ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 双子葉植物の科名。一六属約五〇〇種あり、熱帯に生育する低木または高木で葉は互生し有柄、時に托葉がある。花は小さく、通常単性、萼(がく)と花弁は三ないし五で時に合着する。雄ずいは三ないし五または六ないし一〇。子房上位で三ないし五室、各室に二個の卵子がある。種子には胚乳がない。この仲間の多くは樹脂をとるために栽培される。日本には自生種はない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android