橋本朝秀(読み)はしもと ちょうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋本朝秀 はしもと-ちょうしゅう

1899-1960 大正-昭和時代の彫刻家。
明治32年8月26日生まれ。山崎朝雲に師事。大正14年帝展に初入選,昭和5年,6年特選。30年芸術院賞。33年日展評議員。木彫仏像彫刻にすぐれた。昭和35年1月31日死去。60歳。福島県出身。本名は秀次。作品に「法悦」「華厳」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android