法悦(読み)ほうえつ

精選版 日本国語大辞典「法悦」の解説

ほう‐えつ ホフ‥【法悦】

〘名〙
① 仏語。仏法を聞き、または味わってよろこぶこと。法喜。
※新浦島(1895)〈幸田露伴〉一三「一遍唱ふる度ごとに勇気加はり法悦増して、疲れも忘れ」
② うっとりするような悦(よろこ)び。陶酔。
※邪宗門(1909)〈北原白秋〉外光と印象・樅のふたもと「声もなき悲願の通夜のすすりなき 薄らの闇に深みゆく、あはれ、法悦」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「法悦」の解説

法悦
ほうえつ

仏教の教えを聞き,または味わって喜ぶこと。転じて,なんらかの状態において生じる恍惚感をもいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「法悦」の解説

ほう‐えつ〔ホフ‐〕【法悦】

仏の教えを聞き、それを信じることによって心にわく喜び。法喜。
うっとりとするような喜び。エクスタシー。「法悦にひたる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android