法悦(読み)ほうえつ

精選版 日本国語大辞典「法悦」の解説

ほう‐えつ ホフ‥【法悦】

〘名〙
① 仏語。仏法を聞き、または味わってよろこぶこと。法喜
※新浦島(1895)〈幸田露伴〉一三「一遍唱ふる度ごとに勇気加はり法増して、疲れも忘れ」
② うっとりするような悦(よろこ)び。陶酔
※邪宗門(1909)〈北原白秋〉外光と印象・のふたもと「声もなき悲願の通夜のすすりなき 薄らの闇に深みゆく、あはれ、法悦」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「法悦」の解説

ほう‐えつ〔ホフ‐〕【法悦】

仏の教えを聞き、それを信じることによって心にわく喜び。法喜。
うっとりとするような喜び。エクスタシー。「法悦にひたる」
[類語]喜び満悦愉悦喜悦祝い祝賀喜色歓喜歓心狂喜驚喜随喜大悦恐悦愉楽悦楽愉快大喜び糠喜び空喜び

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「法悦」の解説

法悦
ほうえつ

仏教の教えを聞き,または味わって喜ぶこと。転じて,なんらかの状態において生じる恍惚感をもいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android