コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎朝雲 やまざき ちょううん

7件 の用語解説(山崎朝雲の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山崎朝雲

彫刻家。福岡県生。名は春吉、別号は羯摩。高村光雲に師事する。また岡倉天心を会長とし、平櫛田中米原雲海らと日本彫刻会を結成。木彫に洋風彫塑の写実を導入した優れた技巧の作品を発表した。門下に松尾朝春佐藤朝山がいる。帝室技芸員文化功労者。昭和29年(1954)歿、87才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やまざき‐ちょううん〔‐テウウン〕【山崎朝雲】

[1867~1954]彫刻家。福岡の生まれ。高村光雲に師事し、同門の平櫛田中らとともに日本彫刻会を結成。木彫による写実的表現に新生面を開いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山崎朝雲【やまざきちょううん】

彫刻家。博多の陶工の家に生まれる。郷里の仏師に師事したのち,上京して高村光雲に学び,東京彫工会,日本美術協会展などに出品。1907年平櫛田中らと日本彫刻会を設立し,文展の審査員も勤めた。
→関連項目佐藤朝山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎朝雲 やまざき-ちょううん

1867-1954 明治-昭和時代の彫刻家。
慶応3年2月17日生まれ。仏師の高田又四郎にまなび,高村光雲に「養老孝子」がみとめられて入門する。明治40年米原雲海らと日本彫刻会を結成。芸術院会員。昭和27年文化功労者。昭和29年6月4日死去。87歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。本名は春吉。別号に羯摩(かつま)。作品に「大葉子(おおばこ)」「龗(たかおかみ)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

やまざきちょううん【山崎朝雲】

1867~1954) 木彫家。福岡県生まれ。高村光雲に師事。日本彫刻会創立に参加。伝統的な木彫に写実的表現を加味した作風。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山崎朝雲
やまざきちょううん

[生]慶応3(1867).2.17. 福岡
[没]1954.6.4. 東京
彫刻家。幼名は春吉,号は朝雲,羯摩。初め郷里の仏師高田又四郎に木彫を学び,のち 1895年の第4回内国勧業博覧会に出品した『養老の孝子』が高村光雲に認められ弟子となった。 1900年パリ万博に『気比斉晴』などを出品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山崎朝雲
やまざきちょううん
(1867―1954)

彫刻家。号は羯摩(かつま)。筑前(ちくぜん)(福岡県)博多(はかた)の陶工の家に生まれ、土地の仏師(ぶっし)高田又四郎に学び、1895年(明治28)京都内国勧業博覧会出品の『養老の孝子』で高村光雲に認められ、のち上京して入門。1907年(明治40)同門の米原雲海(よねはらうんかい)らと日本彫刻会をおこし、深い精神内容と解放感に満ちた作品を多く発表し、木彫による写実的表現に新生面を開いた。『大葉子(おおばこ)』(1908)、『(たかおかみ)』(1911)はその傾向をよく示した代表作である。晩年は木彫界の元老として木彫の正風を伝えるとともに、芸術院会員・帝室技芸員などを歴任、52年(昭和27)文化功労者。その門から佐藤朝山(ちょうざん)(玄々(げんげん))が出ている。[佐藤昭夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山崎朝雲の言及

【明治・大正時代美術】より

…白馬会には菊地鋳太郎,小倉惣次郎が加わり,太平洋画会にはヨーロッパ留学から帰った新海(しんかい)竹太郎(1868‐1927),北村四海(しかい)(1871‐1927)が加わって後進を指導した。これらようやく盛んになりかけた洋風彫塑に対抗して,1907年,岡倉天心を会長とし,米原雲海(1869‐1925),山崎朝雲(1867‐1954),平櫛(ひらくし)田中らの新鋭木彫家6名による日本彫刻会が結成され,文展第3部には,木彫家,彫塑家が一堂に会することとなる。文展では審査員の新海竹太郎,受賞者の朝倉文夫が注目されたが,08年ロダンに師事して帰国したばかりの荻原守衛が,ロダン風の生命感にあふれた表現により識者の評価を集める。…

※「山崎朝雲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山崎朝雲の関連キーワード木内克新納忠之介川村吾蔵北村正信内藤藤一郎中川清(2)中島快彦沼田一雅林是毛利教武

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山崎朝雲の関連情報