鹿王院(読み)ろくおういん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿王院
ろくおういん

京都市右京区嵯峨にある臨済宗天竜寺派の寺。覚雄山と号する。天授6=康暦2 (1380) 年足利義満が創建した宝幢寺開山堂を鹿王院と称したのに始る。寺はのち京都十刹の一つとなったが廃絶し,本院のみが残り,今日にいたっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ろくおう‐いん〔ロクワウヰン〕【鹿王院】

京都市右京区にある臨済宗天竜寺派の寺。山号は、覚雄山。天授6=康暦2年(1380)足利義満春屋妙葩(しゅんおくみょうは)開山として創建。初めは宝幢(ほうどう)寺と称し、京都十刹(じっせつ)の一。鹿王院は開山堂の名。のち本寺は廃絶、本院のみ残存。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鹿王院【ろくおういん】

京都市右京区嵯峨にある天竜寺の塔頭(たっちゅう)。1379年足利義満の創建。春屋妙葩(しゅんおくみょうは)が開山で,初め宝幢寺(ほうどうじ)と称し,開山堂を鹿王院といった。のち本寺は廃絶し開山堂のみ残り,天竜寺に属した。1667年虎【れい】(これい)が堂宇を修復。釈迦三尊,明兆筆の三十祖像,夢窓国師画像を蔵する。
→関連項目倉月荘倉見荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろくおういん【鹿王院】

京都市右京区嵯峨にある臨済宗天竜寺派の寺。正称は覚雄山大福田宝幢禅寺。1379年(天授5∥康暦1)足利義満が春屋妙葩(しゆんおくみようは)を開山に迎え,この地に宝幢(ほうどう)寺を開創し,さらに寺内に妙葩の塔所として開山堂を建立したところ野鹿が群れをなして現れたことから鹿王院と称したという。宝幢寺は京都十刹の第5位に列し,多くの荘園をもち,室町前期には寺勢も盛んだったが,応仁の乱で荒廃し,鹿王院だけが残った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿王院
ろくおういん

京都市右京区嵯峨(さが)北堀(きたぼり)町にある臨済(りんざい)宗天竜寺派の寺。覚雄山(かくゆうざん)と号する。本尊は釈迦如来(しゃかにょらい)。1380年(天授6・康暦2)足利義満(あしかがよしみつ)が春屋妙葩(しゅんおくみょうは)を開山として興聖(こうしょう)寺を創建し、寺後に開山堂を建てて鹿王院と称したのに始まる。寺はのち宝幢(ほうどう)寺と改称し、1385年(元中2・至徳2)には京都十刹(じっせつ)の第五位に列したが、ついに廃絶となり、1667年(寛文7)鹿王院のみ再興された。本堂には運慶の作と伝える本尊釈迦如来像および十大弟子像など、また舎利(しゃり)殿には源実朝(さねとも)が宋(そう)から将来したと伝える仏牙舎利(ぶつげしゃり)を安置する。そのほか、絹本着色夢窓(むそう)国師像二幅、絹本墨画出山釈迦像、紙本墨画蘭石(らんせき)図、夢窓疎石(そせき)筆『臨幸私記』などの国重要文化財を蔵する。[平井俊榮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ろくおう‐いん ロクワウヰン【鹿王院】

京都市右京区嵯峨北堀町にある臨済系単立寺院。山号は覚雄山。もと足利義満が創建した大福田宝幢(ほうどう)寺の開山堂。宝幢寺は京都十刹の一つとして栄えたが、応仁の乱などにより廃絶し、本院のみ残存。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android