コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿王院 ろくおういん

5件 の用語解説(鹿王院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿王院
ろくおういん

京都市右京区嵯峨にある臨済宗天竜寺派の寺。覚雄山と号する。天授6=康暦2 (1380) 年足利義満が創建した宝幢寺の開山堂を鹿王院と称したのに始る。寺はのち京都十刹の一つとなったが廃絶し,本院のみが残り,今日にいたっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ろくおう‐いん〔ロクワウヰン〕【鹿王院】

京都市右京区にある臨済宗天竜寺派の寺。山号は、覚雄山。天授6=康暦2年(1380)足利義満春屋妙葩(しゅんおくみょうは)を開山として創建。初めは宝幢(ほうどう)寺と称し、京都十刹(じっせつ)の一。鹿王院は開山堂の名。のち本寺は廃絶、本院のみ残存。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鹿王院【ろくおういん】

京都市右京区嵯峨にある天竜寺の塔頭(たっちゅう)。1379年足利義満の創建。春屋妙葩(しゅんおくみょうは)が開山で,初め宝幢寺(ほうどうじ)と称し,開山堂を鹿王院といった。
→関連項目倉月荘倉見荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ろくおういん【鹿王院】

京都市右京区嵯峨にある臨済宗天竜寺派の寺。正称は覚雄山大福田宝幢禅寺。1379年(天授5∥康暦1)足利義満が春屋妙葩(しゆんおくみようは)を開山に迎え,この地に宝幢(ほうどう)寺を開創し,さらに寺内に妙葩の塔所として開山堂を建立したところ野鹿が群れをなして現れたことから鹿王院と称したという。宝幢寺は京都十刹の第5位に列し,多くの荘園をもち,室町前期には寺勢も盛んだったが,応仁の乱で荒廃し,鹿王院だけが残った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿王院
ろくおういん

京都市右京区嵯峨(さが)北堀(きたぼり)町にある臨済(りんざい)宗天竜寺派の寺。覚雄山(かくゆうざん)と号する。本尊は釈迦如来(しゃかにょらい)。1380年(天授6・康暦2)足利義満(あしかがよしみつ)が春屋妙葩(しゅんおくみょうは)を開山として興聖(こうしょう)寺を創建し、寺後に開山堂を建てて鹿王院と称したのに始まる。寺はのち宝幢(ほうどう)寺と改称し、1385年(元中2・至徳2)には京都十刹(じっせつ)の第五位に列したが、ついに廃絶となり、1667年(寛文7)鹿王院のみ再興された。本堂には運慶の作と伝える本尊釈迦如来像および十大弟子像など、また舎利(しゃり)殿には源実朝(さねとも)が宋(そう)から将来したと伝える仏牙舎利(ぶつげしゃり)を安置する。そのほか、絹本着色夢窓(むそう)国師像二幅、絹本墨画出山釈迦像、紙本墨画蘭石(らんせき)図、夢窓疎石(そせき)筆『臨幸私記』などの国重要文化財を蔵する。[平井俊榮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿王院の関連キーワード天竜寺京都府京都市右京区嵯峨朝日町京都府京都市右京区嵯峨愛宕町京都府京都市右京区嵯峨折戸町京都府京都市右京区嵯峨亀山町京都府京都市右京区嵯峨清滝町京都府京都市右京区嵯峨五島町京都府京都市右京区嵯峨水尾奥京都府京都市右京区嵯峨水尾東京都府京都市右京区嵯峨水尾向

鹿王院の関連情報