コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋爪武 はしづめ たけし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋爪武 はしづめ-たけし

1858-1908 明治時代の国家主義者。
安政5年生まれ。広瀬千磨(せんまろ)の弟。明治11年島田一良(いちろう)らの大久保利通暗殺の計画にくわわり,終身刑となるが21年特赦で放免。34年郷里金沢に北溟(ほくめい)会をつくり,ロシア,中国へおおくの青年をおくった。明治41年死去。51歳。旧姓は岡田。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

橋爪武の関連キーワード石黒圭三郎明治時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android