橘兼高(読み)たちばなのかねたか

朝日日本歴史人物事典の解説

橘兼高

生年:生没年不詳
平安末・鎌倉時代前期の備後国(広島県)大田庄の在地領主。庄内の村々に居を構える公文などの下級庄官を被官化して武士団を形成し,源平の内乱の過程で,ほぼ大田庄の全域にまで領主経営を拡大し,「兼高・光家私領の如し」といわれた。建久1(1190)年,高野山金剛峯寺根本大塔供僧の訴えにより,領主制も大きく後退させられる。しかし公文層を介して庄全体におよぶ勧農機能を持っているため,その領主制を否定できず,建久3年には,逆に段別2升の所当米を免除されている。建久7年謀反の咎により失脚した。兼高が差し出した得分注文(所領・収益について書き上げたもの)は在地領主制の内容を示す史料である。<参考文献>瀬野精一郎編『備後国大田荘史料1』,河音能平『中世封建制成立史論』

(吉良国光)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android