コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武士団 ブシダン

デジタル大辞泉の解説

ぶし‐だん【武士団】

武士の集団。平安中期以後、荘園公領に分散していた武士平氏源氏棟梁(とうりょう)に団結し、各地に武士団を形成した。はじめ血縁関係を核とした惣領制的結合であったが、南北朝以後は地縁結合である一揆(いっき)が生成し、戦国期には大名の家臣団編成が進んで消滅した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

武士団【ぶしだん】

武士の集団の称。10世紀以後,私領開発を展開し自衛武力を養った在地領主(武士)等は,11世紀以降同族関係(惣領制的結合)を中核とし郎党(ろうとう)・所従(しょじゅう)を従えた戦闘集団(武士団)を形成。
→関連項目兵の道湯浅党横山党郎従

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぶしだん【武士団】

古代末期から中世にかけて、平氏・源氏を棟梁とうりようと仰いだ武士の集団。初め惣領制的結合だったが、南北朝以降地縁的結合が強くなり、戦国大名の家臣団編成によって解体した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の武士団の言及

【中世社会】より

…また公家の個々の家は,主従結合をその内部に生みだしていたが,その家自体が,武士の家のような家父長制的原理で成り立っていなかったためか,その主従関係は契約的性格が比較的強いものであった。
【武家集団】
 中世社会を特色づける武士団も,武芸をもって支配階級に仕える職能団体といわれるように,その本質は職能団体であったが,鎌倉幕府の御家人が,開発領主であり,根本私領,本領とよばれる所領をもつ存在であったように,その多くのものは農業経営を行う在地領主であった。これら武士団の系譜は,国造(くにのみやつこ)以来の地方豪族,中央貴族が土着した地方豪族などであるが,彼らは国衙(こくが)によって武士身分への帰属を認められ,11世紀の末ごろ朝廷の警固を目的とする内裏大番(だいりおおばん)制に国別に編成された。…

【党】より

…《大日本史》は所有する土地の少ない武士のことを小名または党というと述べている。 平安時代から鎌倉時代には,党と称される弱小武士団が共和的団結をすることはなかった。そこで党的武士団は惣領制的武士団に対置される武士団の存在形態として把握される。…

【武家法】より

…日本の武士社会において生み出され,展開した法の系列。武家政権の国家法である幕府法などから,武士団の家法,国人一揆の一揆契約状などの個別団体法を含めた法の総称。平安時代中期以降各地に武士が発生し,その族的結合,主従結合の上に武士団が成立すると,自生的に形成された慣習を土台に,荘園領主の支配法である本所法国衙法(こくがほう)などの影響をうけて,武士社会固有の習(ならい),例などと呼ばれる法慣習が生まれた。…

【武士】より

…しかし歴史上の概念としてはより狭義に用い,武力を有する封建的領主階級およびその先駆的存在としての特定の社会階層に属する人々をさす。すなわち武士の発生は中世的社会の担い手たる在地領主層の成立と表裏の関係にあり,彼らがその同族的関係を中核とし,階層的内部構成をもつ一個の戦闘的権力組織たる〈武士団〉を形成した時期をまたねばならない。このような武士団は11世紀ごろに全国各地に生まれ,その武装集団は時として国司支配に反抗し時としては国衙の武力組織に編成されて地方の治安に当たった。…

【武蔵七党】より

…平安末期以降中世にかけて武蔵国に存在した七つの同族的武士団の総称。七党の数え方は一定せず,横山,猪俣,児玉,丹(たん)(丹治),西,野与(のよ),村山とする説,野与,村山の代りに綴(つづき),私市(きさい)を入れる説,西,村山を省いて綴,私市を加える説など種々の説がある。…

※「武士団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

武士団の関連キーワード和泉法眼淵信党(日本史)伊賀惣国一揆波多野義常家の子郎等家子郎党武蔵七党清和源氏白旗一揆源平争乱古代末期幕藩体制平治の乱戦国大名平宗清村山党源仲正菩提寺阿蘇氏緒方氏

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武士団の関連情報