コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘徳子 たちばなの とくし

2件 の用語解説(橘徳子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘徳子 たちばなの-とくし

?-1011ごろ 平安時代中期の女官。
藤原有国の妻。一条天皇の乳母をつとめ,典侍(ないしのすけ)となり,長保2年従三位にすすむ。大宰大弐となった夫の有国に同行。日野資業(すけなり)を生んだ。寛弘(かんこう)8年ごろ死去。通称は橘三位。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

橘徳子

没年:寛弘8頃(1011)
生年:生年不詳
天徳年間(957~960)の出生と思われる。一条天皇の乳母,典侍。従三位。播磨守仲遠の娘で,大宰大弐藤原有国と結婚し資業を生む。長徳2(996)年8月,夫の大宰大弐赴任に同行。その際「天皇の御乳母橘三位が……大変な威勢で下向した」と『栄花物語』にあり,一家の利権拡張に力を尽くした徳子の権勢を伝える。紫式部が対抗心を燃やしたともいわれる。

(服藤早苗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

橘徳子の関連キーワード三条天皇一条天皇勝算一条天皇三条天皇一条天皇一条天皇山口県の天然記念物権記成尋

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone