コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘旭翁(2代) たちばな きょくおう

1件 の用語解説(橘旭翁(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘旭翁(2代) たちばな-きょくおう

1874-1945 明治-昭和時代前期の琵琶(びわ)演奏家。
明治7年10月6日生まれ。初代橘旭翁の子。父の没後2代をつぐ。妹婿の橘旭宗とともに五弦琵琶を完成させた。「高松城」「安宅の関」などを作曲。昭和20年7月25日死去。72歳。福岡県出身。本名は一定。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

橘旭翁(2代)の関連キーワード原子爆弾投下イギリス映画陸軍省ドイツ問題ヴェッチ新聞小説北朝鮮特攻隊闇市島義勇

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone