コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高松城 たかまつじょう

6件 の用語解説(高松城の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高松城
たかまつじょう

讃岐国高松 (香川県高松市) にあった平城。一名玉藻城。天正 16 (1588) 年生駒親正によって築城され,寛永 19 (1642) 年徳川頼房の子松平頼重が城主となって以来,明治維新まで松平氏の居城。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たかまつ‐じょう〔‐ジヤウ〕【高松城】

高松にあった城。戦国時代、毛利氏の属将清水宗治の居城。天正10年(1582)羽柴秀吉(豊臣秀吉)水攻めで開城。
高松にある城。生駒親正(いこまちかまさ)が築城。寛永19年(1642)松平頼重が入封後、親藩松平氏の居城。月見櫓(やぐら)が現存。玉藻城。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

高松城【たかまつじょう】

香川県(讃岐(さぬき)国)高松市にあった平城(ひらじろ)。北は瀬戸内海に面し,海水を引き入れた三重の濠をめぐらしていた。1587年に讃岐15万石の領主に封じられた豊臣秀吉の家臣生駒親正が築城。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

たかまつじょう【高松城】

高松にあった城。清水宗治の居城で、1582年羽柴秀吉の水攻めで開城した。
高松にあった城。1588年生駒親正が築造、寛永年間(1624~1644)松平頼重の入城以来親藩松平氏の居城。玉藻城。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の城がわかる事典の解説

たかまつじょう【高松城〈岡山県〉】

岡山県岡山市北区高松(備中高松)にあった平城(ひらじろ)。石垣ではなく土塁で築城、周囲の低湿地帯が天然の堀の役割を果たした。戦国時代末期、備中松山城(高梁市)の城主三村氏に命じられた、配下の石川久式(いしかわひさのり)が築いた。三村氏と石川氏が滅亡後、久式の女婿である清水宗治(しみずむねはる)が城主となった。1582年(天正10)4月、中国征伐に乗り出した織田信長の先鋒羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)が、3万の軍勢を率いて毛利氏の勢力下にあった備中に侵攻、高松城を包囲した。これに対し、宗治は5000の兵とともに籠城して抵抗。秀吉勢は、周囲の沼地のために攻めあぐんだ。秀吉は軍師の黒田官兵衛の献策を受け入れ、足守川(あしもりがわ)をせき止め、水を城域に流し込む作戦を計画。この土木工事に周辺の農民を高額の報酬で動員し、11日で完工したという。おりから梅雨時の雨も加わり、この策は成功し、城内は水浸しとなって城は孤立、宗治は兵の助命とひきかえに自刃して果てた。この戦いは「高松城の水攻め」として世に知られている。江戸時代初期、高松城はしばらく陣屋として使われていたが、やがて廃城となった。現在、城址公園として整備され、本丸跡と水攻め堤防の一部は国の史跡に指定されている。また、清水宗治の首塚と資料館がある。JR吉備線備中高松駅から徒歩10分。◇備中高松城とも呼ばれる

たかまつじょう【高松城〈香川県〉】

香川県高松市玉藻町にあった平城(ひらじろ)。国指定史跡。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。三重の天守を擁し、水門を設けて内堀・外堀に海水を引き入れ、船倉を設置して軍船を配備した水城(みずじろ)であった。豊臣秀吉の四国制圧後、1590年(天正18)讃岐(さぬき)国に封ぜられた生駒親正(いこまちかまさ)が、瀬戸内海に面した野原荘に築き、この地を高松と改称した。築城にあたって、築城術の大家であった藤堂高虎や黒田如水(じょすい)などの意見を聞いたという。生駒氏は4代高俊(たかとし)の時にお家騒動で転封になり、替わって1642年(寛永19)、水戸城主徳川光圀(とくがわみつくに)の兄松平頼重(まつだいらよりしげ)が入城した。頼重は天守、石垣の修築に取りかかり、東の丸、北の丸も新たに造成した。2代藩主の頼常(よりつね)(光圀の長男・養子)は、新曲輪(くるわ)に月見櫓(つきみやぐら)や水の手門などを造り、海の防備を強化した。以後、高松城は11代にわたる松平氏の居城となった。1869年(明治2)の版籍奉還とともに城郭は兵部省(後の陸軍省)に接収され、外堀が埋め立てられ市街化が進んだ。この時期、城内の多くの建築物が取り壊され、1884年(明治17)に老朽化のため天守も解体された。1890年(明治23)に松平家に払い下げられ、天守台に玉藻廟(たまもびょう)、三の丸跡に松平家別邸の披雲閣(ひうんかく)を建設した。現在、城跡は玉藻公園となり、天守台、北の丸月見櫓、水手御門、旧東の丸艮櫓(うしとらやぐら)、石垣、堀などが現存する。JR予讃本線・高徳本線高松駅から徒歩3分。◇玉藻城(たまもじょう)ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高松城の関連キーワード香川県高松市朝日町香川県高松市庵治町香川県高松市瓦町香川県高松市紺屋町香川県高松市高松町香川県高松市田町香川県高松市玉藻町香川県高松市本町香川県高松市室町香川県高松市女木町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高松城の関連情報