コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五弦琵琶 ゴゲンビワ

3件 の用語解説(五弦琵琶の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごげん‐びわ〔‐ビハ〕【五弦××琶】

奈良時代から平安初期に中国から伝来した5弦5柱の琵琶。雅楽に用いられたが、平安中期に廃絶。
広く5弦の琵琶。現在、筑前琵琶・錦(にしき)琵琶などがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごげんびわ【五弦琵琶】

単に〈五弦〉ともいう。古代インドに端を発し,仏教文化の一部として東アジア諸国に伝えられたと考えられる5弦直頸の琵琶は亀茲(きじ)琵琶,胡(こ)琵琶とも呼ばれ,4弦曲頸の琵琶と本来は系統が異なるが,伝播伝承の過程において相互に影響を及ぼした。低音の第1~2弦を持続伴奏(ドローン)とし,他の弦で旋律的な動きを奏しながら声楽曲の伴奏をする,というのが本来の用途であったと推定される。朝鮮半島では郷琵琶(ヒヤンピパ)と呼ばれ,雅楽合奏の一部に利用されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごげんびわ【五弦琵琶】

中国、唐代に用いられた五弦の琵琶。直頸ちよつけいが特色。日本にも伝来し、平安初期まで用いられた。正倉院の遺存品が有名。五弦。
弦が五弦の琵琶。日本では筑前琵琶・錦琵琶で使用。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五弦琵琶の関連情報