いのちの電話(読み)いのちのでんわ

日本大百科全書(ニッポニカ)「いのちの電話」の解説

いのちの電話
いのちのでんわ

現代の不安な社会のなかで孤独になり、深刻な悩みごとをもっている人々に電話という手段で援助や励ましを与える相談機関。欧米では1950年代から始まったが、日本では1969年(昭和44)にキリスト者の有志が発意、1971年10月から活動を開始した。2010年(平成22)の時点で、東京をはじめ全国に50センターが設置され、夫婦問題、男女関係、人生への懐疑自殺、青少年の悩み、医療問題などの相談に応じている。しかし、相談数が多く電話回線がつねに混み合っている地域もあり、体制の充実が望まれている。なお、在日外国人のためのポルトガル語、スペイン語などに対応したセンターもあり、また日本自殺予防学会などとの協力も行われている。

[岩井弘融]

『江見太郎著『いのちの電話 死に急ぐ人々のために』(1980・桃園書房)』『稲村博著『眠らぬダイヤル――いのちの電話』(1981・新曜社)』『石井完一郎・斎藤友紀雄著『いのちの電話 危機介入と電話相談』(1986・至文堂)』『植村圭子著『こころパタパターン「いのちの電話」運動とともに歩んで十五年』(1994・カロス出版)』『日本いのちの電話連盟編『電話による援助活動 いのちの電話の理論と実際』(1997・学事出版)』『佐藤誠・高塚雄介・福山清蔵著『電話相談の実際』(1999・双文社)』『奈良「いのちの電話」協会編『実践電話カウンセリング いのちの電話の現場から』(1999・朱鷺書房)』『樋口和彦監修『ひとりで悩まずに…いのちの電話』(2001・ほんの森出版)』『ダイアン・アッカーマン著、二階堂行彦訳『いのちの電話――絶望の淵で見た希望の光』(2004・清流出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「いのちの電話」の解説

いのちの電話
いのちのでんわ
Life Line

電話によるカウンセリングあるいは電話相談を行う組織をいう。 1953年イギリスの Ch.バラが自殺予防をおもな目的として「サマリタンズ (よき隣人) 」の名称で始めた。 63年には A.ウォーカーがシドニーで同じ趣旨の「ライフ・ライン」を始めたが,これが電話相談の代名詞のように使われるようになった。現在はこの2つの組織に属する電話相談センターだけでも数十ヵ国 400以上の都市に定着している。あらゆる悩みごとに応じるのが原則であるが,特に自殺防止に重点がおかれ,各国から画期的な成果が報告されている。精神科医,弁護士をはじめとする専門家も協力者として重要な役割を果しているが,電話相談を直接担当するのは各国とも訓練を受けたボランティアで,24時間体制で電話を受けている。面接相談が併設されている場合もある。日本では約 40ヵ所に組織がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「いのちの電話」の解説

いのち‐の‐でんわ【いのちの電話】

深刻な悩みをもちながら、だれにも相談できないでいる人に、電話による対話で援助を行う相談機関。昭和46年(1971)開設。
[補説]電話番号は0570-783-556、0120-783-556(毎月10日のみ)。また、インターネットでの相談も受け付ける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android