コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘清友 たちばなの きよとも

2件 の用語解説(橘清友の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘清友 たちばなの-きよとも

758-789 奈良時代の官吏。
天平宝字(てんぴょうほうじ)2年生まれ。橘奈良麻呂の子。宝亀(ほうき)8年渤海(ぼっかい)使節を接待。使節はその相をみて「子孫は貴人となるが,32歳で厄がある」とうらなった。田口氏の娘との間にのちの嵯峨(さが)天皇の皇后橘嘉智子(かちこ)をもうける。延暦(えんりゃく)5年内舎人(うどねり)となったが,8年病没。32歳。正一位,太政大臣を追贈された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たちばなのきよとも【橘清友】

758‐789(天平宝字2‐延暦8)
嵯峨天皇の皇后橘嘉智子の父で,奈良麻呂の子と伝える。若くして沈厚,書籍を渉猟し,身長6尺2寸,眉目画くがごとく挙止はなはだ雅で,777年(宝亀8)接対した渤海大使史都蒙は人相を見て子孫は繁栄するが32歳で災があると語ったという。田口氏女をめとって嘉智子が生まれ,786年(延暦5)内舎人となったが,32歳で病没。没後815年(弘仁6)正五位下から従三位,833年(天長10)正一位,839年(承和6)太政大臣を贈られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

橘清友の関連キーワード天平宝字礼部省大弼阿倍嶋麻呂安部内親王上牛養慈宝藤原小湯麻呂藤原曹子余益人

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone