コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘田春湖 きった しゅんこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘田春湖 きった-しゅんこ

1815-1886 江戸後期-明治時代の俳人。
文化12年生まれ。辻嵐外(らんがい),巨谷禾木(こたに-かぼく)にまなぶ。関為山(いざん),鳥越等栽(とうさい)とともに幕末の江戸三大家と称され,明治政府の俳諧(はいかい)教導職についた。明治19年2月11日死去。72歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。名は茂実。通称は幸蔵別号一笑,小築庵など。編著に「雲鳥日記」「俳諧発句集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

橘田春湖の関連キーワード清水千代女松永蝸堂佐藤採花塩坪鶯笠明治時代島本青宜清水千賀俳人春湖

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android