コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘田春湖 きった しゅんこ

1件 の用語解説(橘田春湖の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘田春湖 きった-しゅんこ

1815-1886 江戸後期-明治時代の俳人。
文化12年生まれ。辻嵐外(らんがい),巨谷禾木(こたに-かぼく)にまなぶ。関為山(いざん),鳥越等栽(とうさい)とともに幕末の江戸三大家と称され,明治政府の俳諧(はいかい)教導職についた。明治19年2月11日死去。72歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。名は茂実。通称は幸蔵。別号に一笑,小築庵など。編著に「雲鳥日記」「俳諧発句集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

橘田春湖の関連キーワード北島全孝加藤景久金子蓑香志倉為流鈴木義敬関直吉杣田光明松岡蘆堤山登検校(2代)六郷新三郎(5代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone