コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘耕斎 たちばな こうさい

2件 の用語解説(橘耕斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘耕斎 たちばな-こうさい

1820-1885 江戸後期-明治時代の洋学者。
文政3年生まれ。安政2年ロシア使節プチャーチンの帰国にしたがいロシアに渡航。ペテルブルグ大学日本語教師,ロシア外務省通訳官などをつとめ,ゴシケビッチと日露辞書「和魯通言比考」をつくる。明治7年帰国し,増田甲斎と改名して出家。明治18年5月31日死去。66歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

橘耕斎

没年:明治18.5.31(1885)
生年:文政3(1820)
幕末明治期の洋学者。遠江国(静岡県)掛川藩士で立花とも称したが,脱藩して伊豆国(静岡県)戸田村の蓮華寺に寄寓。ロシア使節プチャーチン一行が戸田村に滞留中,中国語通訳官ゴシケヴィチと知り合い,随行して安政2(1855)年ロシアに渡航。ゴシケヴィチと共編の日露辞典『和魯通言比考』を刊行。ロシア正教の洗礼を受け結婚,ヤマトフ(大和夫)と称した。ロシア外務省アジア局通訳官,ペテルブルグ大学東洋語学部日本語教師を勤務。明治7(1874)年帰国,増田甲斎と改名し仏門に入る。墓は源昌寺(東京都港区)。<参考文献>中村喜和「橘耕斎伝」(『一橋論叢』63巻4号)

(吉田厚子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橘耕斎の関連キーワード石川依平白須賀日坂掛川遠江洋学校市川兼恭伊藤七郎平松浦五兵衛丸尾文六

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone