コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘遠保 たちばなの とおやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘遠保 たちばなの-とおやす

?-944 平安時代中期の官吏。
天慶(てんぎょう)3年平将門(まさかど)の乱での防戦で功をたてる。また4年伊予(いよ)警固使として瀬戸内海で乱をおこした藤原純友(すみとも)を討ちとり,のち伊予(愛媛県)宇和郡をあたえられた。天慶7年2月6日帰宅途中に斬殺(ざんさつ)された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

橘遠保の関連キーワード承平・天慶の乱宇和島城大蔵春実海賊官吏

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android