コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞崇 ていすう

2件 の用語解説(貞崇の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞崇 ていすう

866-944 平安時代前期-中期の僧。
貞観(じょうがん)8年生まれ。真言宗。貞観寺の恵宿(えしゅく)に密教をまなび,醍醐(だいご)寺の聖宝(しょうぼう)に灌頂(かんじょう)をうけ,三論(さんろん)もおさめる。延長8年醍醐寺座主(ざす)となるが,大和鳥栖に鳳閣寺をたてて隠棲。のち東寺長者をつとめ,金剛峰寺(こんごうぶじ)座主をかねた。天慶(てんぎょう)7年7月23日死去。79歳。京都出身。俗姓は三善。通称は鳥栖僧都(そうず)。法名は「じょうすう」ともよむ。

貞崇 じょうすう

ていすう

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

貞崇の関連キーワード呉権雇用情勢平惟仲橘在列藤原顕光藤原佐理弓月君ポルシェ968佐野厄除大師イーゴリ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone