コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞崇 ていすう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞崇 ていすう

866-944 平安時代前期-中期の僧。
貞観(じょうがん)8年生まれ。真言宗貞観寺の恵宿(えしゅく)に密教をまなび,醍醐(だいご)寺の聖宝(しょうぼう)に灌頂(かんじょう)をうけ,三論(さんろん)もおさめる。延長8年醍醐寺座主(ざす)となるが,大和鳥栖に鳳閣寺をたてて隠棲。のち東寺長者をつとめ,金剛峰寺(こんごうぶじ)座主をかねた。天慶(てんぎょう)7年7月23日死去。79歳。京都出身。俗姓三善。通称は鳥栖僧都(そうず)。法名は「じょうすう」ともよむ。

貞崇 じょうすう

ていすう

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

貞崇の関連キーワード呉権ロマヌス1世イーゴリ(リューリク王朝の始祖)金田正一オルドニョ1世清和天皇雇用情勢藤原佐理金田正一慶円

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android