コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞崇 ていすう

2件 の用語解説(貞崇の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞崇 ていすう

866-944 平安時代前期-中期の僧。
貞観(じょうがん)8年生まれ。真言宗。貞観寺の恵宿(えしゅく)に密教をまなび,醍醐(だいご)寺の聖宝(しょうぼう)に灌頂(かんじょう)をうけ,三論(さんろん)もおさめる。延長8年醍醐寺座主(ざす)となるが,大和鳥栖に鳳閣寺をたてて隠棲。のち東寺長者をつとめ,金剛峰寺(こんごうぶじ)座主をかねた。天慶(てんぎょう)7年7月23日死去。79歳。京都出身。俗姓は三善。通称は鳥栖僧都(そうず)。法名は「じょうすう」ともよむ。

貞崇 じょうすう

ていすう

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

貞崇の関連キーワード真体阿保常世円覚(1)大江千古海雲(1)戒撰川辺豊穂長審伴河男深根宗継

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone