機械仕上げ(読み)きかいしあげ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

機械仕上げ
きかいしあげ

金属材料をはじめ各種の被加工材を工作機械を利用して所要の寸法、形状および表面性状に仕上げること。工作物の形状や要求仕上げ精度によって、適切な工作機械を選定する必要がある。円筒面仕上げ用として旋盤、平面仕上げ用としてフライス盤、平削り盤などがある。また寸法精度および表面性状の要求が厳しい場合には、円筒面仕上げ用として円筒研削盤、内面研削盤、ホーニング盤、ラップ盤があり、平面仕上げ用として平面研削盤、ラップ盤などがある。ほかに特殊なものとして、ねじ仕上げ用のねじ研削盤、歯車歯面仕上げ用の歯車研削盤などがある。[清水伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android