機関争議(読み)きかんそうぎ

精選版 日本国語大辞典の解説

きかん‐そうぎ キクヮンサウギ【機関争議】

〘名〙 行政機関相互間に生じた主管権限、またはその行使に関する争い。通常は上級官庁または内閣によって裁定されるが、特に法律に規定がある場合には裁判所に出訴することができる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の機関争議の言及

【機関訴訟】より

…現行行政事件訴訟法の認める客観訴訟の一類型であって,国または公共団体の機関相互間における権限の存否またはその行使に関する紛争についての訴訟をいう(行政事件訴訟法6条)。もともと,国や地方公共団体の機関相互の間の権限存否をめぐる紛争あるいは地方公共団体の議会と長との間の紛争(いわゆる機関争議)は,国民の具体的な権利義務に関する紛争ではないから,一般には〈法律上の争訟〉の性格を有しない。したがって,このような機関争議の解決は必ずしも裁判所の裁判にゆだねられる必然性はなく,むしろ行政的ないし政治的な解決方法にゆだねられることが多い。…

※「機関争議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android