コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檜枝岐温泉 ひのえまたおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

檜枝岐温泉
ひのえまたおんせん

福島県南西部,檜枝岐村にある温泉。 1973年ボーリングによって湧き出したもので,村の全戸に配湯されているほか,露天風呂を備えた共同浴場もある。泉質単純泉泉温は 48℃。神経痛や筋肉痛,胃腸病によい。平家落人伝説も伝わるひなびた山里であったが,尾瀬への福島県側の入口にあたるため,登山者や観光客がふえている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

檜枝岐温泉の関連キーワード檜枝岐村歴史民俗資料館

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

檜枝岐温泉の関連情報