櫓を上げる(読み)ヤグラヲアゲル

大辞林 第三版の解説

やぐらをあげる【櫓を上げる】

櫓を造る。櫓を設ける。
(歌舞伎・人形浄瑠璃などの)一座を作って興行を始める。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やぐら【櫓】 を 上(あ)げる

やぐらを造る。
※浮世草子・元祿大平記(1702)二「廻(めぐ)りに八重のやげん堀、石をたたんで櫓(ヤグラ)をあげ」
② 芝居や操り人形の座を作って興行を始める。
※随筆・譚海(1795)一二「江戸浄るりの初は、結城孫三郎といふ説教ぶしを、ふき屋町にやぐらをあげて、興行せしがはじめ也」
③ 怒ってあばれる。乱暴する。
※いやな感じ(1960‐63)〈高見順〉一「ヤグラをあげた(怒ってあばれた)はいいが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる