コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛巻 くしまき

3件 の用語解説(櫛巻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

櫛巻
くしまき

日本髪の一種。洗い髪無造作にまとめ上げたような女髷 (まげ) 。宝暦年間 (1751~64) に江戸浅草寺境内にあった阿福茶屋のみなとや阿六が,髪を櫛に巻込んで結ったのが評判となり,広く子女がこれをまねたのに始ると『武野俗談』にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

櫛巻【くしまき】

女性の髪形の一種。鬢(びん),髱(たぼ),前髪,髷(まげ)などをくずし,1枚の櫛の歯に毛先を巻きつけて束ねる簡単なもので,洗髪後などに行われた仮の髷。若い女性は櫛の棟(むね)を上に,根を高く,年増は櫛の歯を上に,根は幾分低く結った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone