コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛巻 くしまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

櫛巻
くしまき

日本髪の一種洗い髪を無造作にまとめ上げたような女 (まげ) 。宝暦年間 (1751~64) に江戸浅草寺境内にあった阿福茶屋のみなとや阿六が,髪をに巻込んで結ったのが評判となり,広く子女がこれをまねたのに始ると『武野俗談』にある。明和年間 (64~72) にかけて流行した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くし‐まき【×櫛巻】

女性の髪の結い方の一。ひもで結んだりしないで、束ねた髪を櫛に巻きつけて頭頂部に留めるだけの簡単なもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

櫛巻【くしまき】

女性の髪形の一種。(びん),(たぼ),前髪,髷(まげ)などをくずし,1枚の櫛のに毛先を巻きつけて束ねる簡単なもので,洗髪後などに行われた仮の髷。若い女性は櫛の棟(むね)を上に,を高く,年増は櫛の歯を上に,根は幾分低く結った。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

櫛巻の関連キーワードじれった結び湊屋お六吉野朝子梳き髪日本髪綜る