コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛巻 くしまき

3件 の用語解説(櫛巻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

櫛巻
くしまき

日本髪の一種。洗い髪無造作にまとめ上げたような女髷 (まげ) 。宝暦年間 (1751~64) に江戸浅草寺境内にあった阿福茶屋のみなとや阿六が,髪を櫛に巻込んで結ったのが評判となり,広く子女がこれをまねたのに始ると『武野俗談』にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くし‐まき【×櫛巻】

女性の髪の結い方の一。ひもで結んだりしないで、束ねた髪を櫛に巻きつけて頭頂部に留めるだけの簡単なもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

櫛巻【くしまき】

女性の髪形の一種。鬢(びん),髱(たぼ),前髪,髷(まげ)などをくずし,1枚の櫛の歯に毛先を巻きつけて束ねる簡単なもので,洗髪後などに行われた仮の髷。若い女性は櫛の棟(むね)を上に,根を高く,年増は櫛の歯を上に,根は幾分低く結った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

櫛巻の関連キーワード洗い髪着流す新日本髪ちょん切る勤め上げる無造作・無雑作赫い髪の女取り上げ髪浴衣掛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone