コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛造 くしづくり

世界大百科事典 第2版の解説

くしづくり【櫛造】

櫛を製作する職人。《延喜式内蔵寮式の雑作手の中に造御櫛手2人が見えるが,和泉国近木(こぎ)郷におもな根拠を持ち,1135年(保延1),諸役免除の宣旨を得た内蔵寮御櫛生(みくししよう)はその流れをくむ集団であろう。五節の櫛などを貢献したこの集団は,御櫛生供御人・院御櫛造・近衛殿御櫛造として天皇・院・摂関家に兼属し,近木郷給免田を与えられ,舂米(しようまい)を給与された。内蔵寮領近木保・近衛家領御櫛造はその給免田を中心にした所領で,1224年(元仁1)御櫛生の畠地の所出は神今食御櫛油用途に充てられ,近木保は1333年(元弘3),櫛40束を内蔵寮に貢進している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

櫛造の関連キーワード近木荘

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android