次第次第(読み)しだいしだい

精選版 日本国語大辞典の解説

しだい‐しだい【次第次第】

[1] 〘名〙 つぎつぎに連なること。また、順を追って事を運ぶこと。
※花鏡(1424)序破急之事「扇拍子(あふぎびゃうし)より、祝言の音曲、次第次第の風体(ふうてい)は、心得たる事なれば、用意のままなるべし」
[2] 〘副〙 (多く「に」を伴って用いる) 物事が順を追って行くさま、状態が少しずつ変化するさまを表わす語。だんだん。つぎつぎ。
金槐集(1213)雑「さりともと思ふものから日をへてはしたいしたいに弱るかなしさ」
※評判記・色道大鏡(1678)四「むかしよりの法はかくのごとくなれども、次第次第(シダイシダイ)に世くだり品くだりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android