コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌沢虎右衛門 うたざわ・とらえもん

1件 の用語解説(歌沢虎右衛門の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

歌沢虎右衛門

没年:明治8.10.2(1875)
生年:文化10(1813)
幕末・明治初期の歌沢2代目家元。本名は平田虎右衛門。通称は平虎。江戸橘町に住む畳職人で,端唄をよくした美声家。歌沢笹丸の知遇を得,歌沢連のかなめとなる。安政4(1857)年,歌沢相模と改名。文久2(1862)年,歌沢初代家元笹丸の顕彰碑を向島木母寺(のち三囲神社へ移転)に建て,笹丸の後継者という意味合いから「2世歌沢虎右衛門」と碑面に刻んだ。建碑の前後に一門の結束が崩れたようで,初代哥沢芝金歌沢能六斎が離反する。晩年は病に倒れ,娘に後事を託して歌沢寅右衛門を継がせた。この3代目以降は女性が家元を継いだためか,「虎」の1字を改めて「寅右衛門」と名乗っていく。

(倉田喜弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌沢虎右衛門の関連キーワード哥沢芝金歌沢相模(初代)歌沢寅右衛門(3代)歌沢寅右衛門(4代)歌沢寅右衛門(5代)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone