コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌沢虎右衛門 うたざわ・とらえもん

朝日日本歴史人物事典の解説

歌沢虎右衛門

没年:明治8.10.2(1875)
生年:文化10(1813)
幕末・明治初期の歌沢2代目家元。本名は平田虎右衛門。通称は平虎。江戸橘町に住む畳職人で,端唄をよくした美声家。歌沢笹丸の知遇を得,歌沢連のかなめとなる。安政4(1857)年,歌沢相模と改名。文久2(1862)年,歌沢初代家元笹丸の顕彰碑を向島木母寺(のち三囲神社へ移転)に建て,笹丸の後継者という意味合いから「2世歌沢虎右衛門」と碑面に刻んだ。建碑の前後に一門の結束が崩れたようで,初代哥沢芝金や歌沢能六斎が離反する。晩年は病に倒れ,娘に後事を託して歌沢寅右衛門を継がせた。この3代目以降は女性が家元を継いだためか,「虎」の1字を改めて「寅右衛門」と名乗っていく。

(倉田喜弘)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

歌沢虎右衛門の関連キーワードフランス共和国憲法チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ポピュリスト党ロダンゴシケビッチコットシャンボンフィッセル岩崎弥太郎閃長岩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android