コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌舞練場 かぶれんじょう

1件 の用語解説(歌舞練場の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かぶれんじょう【歌舞練場】

京都の花街にある芸妓,舞妓のための歌舞音曲の練習場であり,その発表のための会場である。1872年(明治5),京都博覧会の協賛の余興として行われた〈都をどり〉が大好評であったので,翌73年,四条花見小路下ル西側に祇園甲部花街が歌舞練場を設け,以後継続的に毎年4月〈都をどり〉を開催するようになった。1913年には東側に,35年に現在の東山区祇園町南側570に移った。それに刺激されて,他の花街もつづいて,それぞれの廓内に歌舞練場を持つようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

歌舞練場の関連キーワード中尾淳阿国歌舞伎花街歌舞伎踊芸妓遊芸舞妓・芸妓段助布袋屋梅之丞(初代)

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歌舞練場の関連情報