コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温習会 オンシュウカイ

デジタル大辞泉の解説

おんしゅう‐かい〔ヲンシフクワイ〕【温習会】

芸事などの総ざらいとして、習った成果を発表する会。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おんしゅうかい【温習会】

日本舞踊や邦楽などで、練習の成果を発表する会。おさらい会。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

温習会
おんしゅうかい

「おさらい」ともいう。舞踊、音曲などを稽古(けいこ)している人々が習得した技芸を発表する会をいい、指導者(師匠)が主催する。劇場などで大掛りに催すものを「大ざらい」、毎月師匠の家などで小規模に開くものを「月ざらい」、また夏季行うものを「浴衣(ゆかた)ざらい」という。江戸時代から行われ、花柳界でも定期的に開かれてきた。第二次世界大戦後は以前に比べてはでに行う傾向が目だち、近年は「温習会」とよばず、会名をつけて劇場で開催することが通常の形となった。こうした会での勉強、出演を経て、舞踊家となる。師匠も出演したり後見を務めたりするが、会の経費は門弟出演者が負担し、祝儀の金品が師匠の収入となる。[如月青子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

温習会の関連キーワード哥沢芝金(3代)日本舞踊三越劇場芸事邦楽

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

温習会の関連情報