コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正伝節 ショウデンブシ

デジタル大辞泉の解説

しょうでん‐ぶし〔シヤウデン‐〕【正伝節】

上方浄瑠璃流派の一。初世宮古路薗八(みやこじそのはち)の門から出た春富士正伝が始めたもの。宝暦(1751~1764)のころ、京坂地方に流行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうでんぶし【正伝節】

浄瑠璃、豊後節の一派。初世宮古路薗八の門下、春富士正伝(出雲掾藤原貞政)の始めたもの。宝暦(1751~1764)頃京坂で歌舞伎音楽として行われたが、天明(1781~1789)頃にはすたれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の正伝節の言及

【浄瑠璃】より

…河東節,豊後三流,新内節を江戸浄瑠璃ともいう。豊後掾の門弟宮古路薗八が京で薗八節(宮薗節)を広め,この分派の春富士正伝が正伝節を上方の歌舞伎で語り,豊後掾の門弟宮古路繁太夫は繁太夫(しげたゆう)節を元文(1736‐41)ころから大坂の劇場や座敷で語った。河東節,新内節,薗八節などは酒席で多くうたわれたので肴(さかな)浄瑠璃,歌浄瑠璃といわれた。…

【宮古路薗八】より

…71年(明和8)ころ江戸に下り3世を名のったらしい。正伝節(しようでんぶし)というフシが残っている。【竹内 道敬】。…

※「正伝節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正伝節の関連キーワード宮古路薗八(3世)国太夫節豊後節浄瑠璃お半一派天明門下

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android