コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正岡芸陽 まさおか げいよう

2件 の用語解説(正岡芸陽の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正岡芸陽 まさおか-げいよう

1881-1920 明治-大正時代の評論家。
明治14年9月5日生まれ。青山学院にまなぶ。明治32年「新声」の同人となり,人道主義的立場から「嗚呼(ああ)売淫(ばいいん)国」「人道之戦士 田中正造」などを刊行。36年「新声」主筆,40年「大阪日報」主筆となる。大正9年3月24日死去。40歳。広島県出身。本名は猶一。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

正岡芸陽

没年:大正9.3.24(1920)
生年:明治14.9.5(1881)
明治時代の評論家,ジャーナリスト。広島県生まれ。本名猶一。13歳のときにキリスト教の信仰に入る。青山学院に学び,明治32(1899)年,雑誌『新声』の同人となる。このころより,『嗚呼売淫国』『人道之戦士 田中正造』『裸体の日本』などの著作を発表し注目を集めた。36年『新声』の主筆となった。38年『やまと新聞』からポーツマス講和会議に特派された。40年,吉弘白眼の『大阪日報』の主筆となった。一貫して人道主義の立場から社会批判を行った。<著作>「明治社会主義文学集2」(『明治文学全集』84巻)

(井川充雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正岡芸陽の関連キーワード国際ジャーナリスト機構国際ジャーナリスト連盟ビデオジャーナリストジャーナリスティックジャーナリストフォトジャーナリストフォトジャーナリズムスポーツジャーナリスト小林雄一三宅正太郎(2)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone