コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新声 シンセイ

デジタル大辞泉の解説

しん‐せい【新声】

新しい表現・意見。
「いずれも明光と―と空想とに酔えるがごとくなりき」〈藤村・藤村詩抄〉
新しい歌。
[補説]書名別項。→新声

しんせい【新声】[書名]

文芸雑誌。明治29年(1896)、佐藤義亮が創刊。徳冨蘆花広津柳浪らが執筆し、新人投稿者の中には若山牧水前田夕暮などがいた。休刊・再刊をはさみつつ明治43年(1910)廃刊。→新潮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新声
しんせい

文芸雑誌。1896年(明治29)7月~1910年(明治43)3月。この間休刊、再刊があって、3期に分かれ、発行所も新声社から隆文館に移る。後の新潮社社長佐藤義亮(ぎりょう)が創刊。『新潮』の前身。社員に高須梅渓(ばいけい)、金子薫園(くんえん)、千葉江東(こうとう)(亀雄)らがいた。初め詩歌が中心であったが、のち小説にも力を入れ、広津柳浪(りゅうろう)、小栗風葉(おぐりふうよう)、徳冨蘆花(とくとみろか)らが執筆。明治30年代、投書雑誌として新人の文学修業の場の役割を果たしたが、投書家として名をなした人に中村春雨(しゅんう)、片上天弦(かたがみてんげん)(伸)、若山牧水(ぼくすい)、前田夕暮(ゆうぐれ)らがいる。末期は学生雑誌風になり、低俗なものとなった。[大屋幸世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新声の関連キーワードレーマン(John Frederick Lehmann)石桁 眞禮生秋山 秋紅蓼三津木 春影石桁 真礼生山川 登美子高須 芳次郎原田 譲二堀内 新泉尾山篤二郎磯川 元春森田 信義秋元 蘆風佐瀬 蘭舟石桁真礼生中田 喜直入野 義朗柴田 南雄金剛 麗子登坂 北嶺

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新声の関連情報