新声(読み)シンセイ

デジタル大辞泉の解説

しん‐せい【新声】

新しい表現・意見。
「いずれも明光と―と空想とに酔えるがごとくなりき」〈藤村・藤村詩抄〉
新しい歌。
[補説]書名別項。→新声

しんせい【新声】[書名]

文芸雑誌。明治29年(1896)、佐藤義亮が創刊。徳冨蘆花広津柳浪らが執筆し、新人投稿者の中には若山牧水前田夕暮などがいた。休刊・再刊をはさみつつ明治43年(1910)廃刊。→新潮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新声
しんせい

文芸雑誌。1896年(明治29)7月~1910年(明治43)3月。この間休刊、再刊があって、3期に分かれ、発行所も新声社から隆文館に移る。後の新潮社社長佐藤義亮(ぎりょう)が創刊。『新潮』の前身。社員に高須梅渓(ばいけい)、金子薫園(くんえん)、千葉江東(こうとう)(亀雄)らがいた。初め詩歌が中心であったが、のち小説にも力を入れ、広津柳浪(りゅうろう)、小栗風葉(おぐりふうよう)、徳冨蘆花(とくとみろか)らが執筆。明治30年代、投書雑誌として新人の文学修業の場の役割を果たしたが、投書家として名をなした人に中村春雨(しゅんう)、片上天弦(かたがみてんげん)(伸)、若山牧水(ぼくすい)、前田夕暮(ゆうぐれ)らがいる。末期は学生雑誌風になり、低俗なものとなった。[大屋幸世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐せい【新声】

[1] 〘名〙
① 新鮮なさわやかな音声。はじめて聞く声やさえずりなど。
※凌雲集(814)和菅清公秋夜途中聞笙〈嵯峨天皇〉「新声宛転遙夜振、妙響聯綿遠風沈」
② 新しいことば、表現。また、新しい意見。
※藤村詩集(1904)〈島崎藤村〉序「あるものは西の詩人のごとくに呼ばはり、いづれも明光と新声と空想とに酔へるがごときなりき」
③ 新しい歌。新作の音曲。新曲。
※菅家文草(900頃)二・早春内宴、侍仁寿殿、同賦春娃無気力「管絃之在長曲、怒闋於伶人。変態繽紛、神也又神也。新声婉転、夢哉非夢哉」 〔国語‐晉語八〕
[2] 文芸雑誌。明治二九年(一八九六)主筆佐藤儀助(義亮)で創刊。金子薫園・田口掬汀(きくてい)らが協力し新進紹介につくした。同四三年廃刊、「新潮」に継承。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新声の関連情報