コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特派員 トクハイン

3件 の用語解説(特派員の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とくは‐いん〔‐ヰン〕【特派員】

特別にその地に派遣された人。特に、新聞・雑誌・放送などの報道機関から外国に派遣されて、取材に当たる記者についていう。「パリ駐在の特派員

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とくはいん【特派員】

特に任務を与えられて、その地に派遣された人。
外国に特別に派遣されて、ニュースの取材報道に当たる、報道機関の記者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

特派員
とくはいん
special correspondent

一般には、報道機関が海外の重要ニュース発生地に取材のため派遣している記者をさす。主要な都市・地域に支局を設け常時そこにいる常駐特派員と、任地を1か所に定めず、事件・問題のあるつど臨時に派遣される移動特派員とがある。従軍記者は後者の一類型に含まれる。普通、通信員correspondentは、在地出身・居住者、あるいは当該報道機関に所属しない者などの契約通信者も含むが、特派員はこれと区別され、あくまでもその報道機関が責任を負い、自ら派遣した者とされる。
 日本では報道企業の外信(外報)部記者が常駐特派員となっている場合が多い。政治家の海外訪問などには、同行取材のため政治部記者が移動特派員(同行記者)となったりする。1874年(明治7)『東京日日新聞』(現『毎日新聞』)の岸田吟香(ぎんこう)による台湾出兵従軍、『朝日新聞』半井桃水(なからいとうすい)記者の朝鮮壬午(じんご)軍乱(1882)取材が、わが国報道界の海外特派の始まり。欧米への常駐特派は、1919年(大正8)のパリ平和会議、21年のワシントン軍縮会議以後のことになる。2001年(平成13)現在、わが国の特派員(おもに常駐)はヨーロッパ180名、北アメリカ175名、アジア226名、その他38名、計619名となっている。[桂 敬一]
『大下英治著『NHK王国 ニュースキャスターの戦場』(1992・講談社) ▽岸尾祐二編著『新聞のほん 特派員からのメッセージ』(1993・リブリオ出版) ▽ジュリア・エドワーズ著、太田昭子訳『戦場の女性特派員』(1994・平凡社) ▽木村昌人・田所昌幸著『外国人特派員――こうして日本イメージは形成される』(1998・日本放送出版協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特派員の関連キーワード安撫使西使記特使移動大使出張損田使鎮兵特派ペルソナノングラータ国使

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

特派員の関連情報