正蒙(読み)せいもう(英語表記)Zheng-meng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「正蒙」の解説

正蒙
せいもう
Zheng-meng

中国,北宋儒者張載 (横渠) の代表的著作。 10巻。煕寧9 (1076) 年成立。書名は蒙昧未明を正すという。太和,参両,天道,神化,動静,誠明,太心,中正,至当,作者,三十,有徳,有子,太易,楽器,王てい,乾称の 17編に分けられている。同時代の周敦頤と比べて,『易』と『中』とを中心とした思想である点は同じであるが,周敦頤のように太極・無極を説かず,万物生成を一気の聚散と「」の本源的なあり方を示す太虚で説明する。朱子の「気」論の形成に大きな影響を与えた。思想上有名な注釈書のおもなものに,朱子の『正蒙解』 (2巻) ,王夫之『張子正蒙注』 (9巻) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android