正蒙(読み)せいもう(英語表記)Zheng-meng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「正蒙」の意味・わかりやすい解説

正蒙
せいもう
Zheng-meng

中国,北宋儒者張載 (横渠) の代表的著作。 10巻。煕寧9 (1076) 年成立。書名は蒙昧未明を正すという意。太和,参両,天道,神化,動静,誠明,太心,中正,至当,作者,三十,有徳,有子,太易,楽器,王てい,乾称の 17編に分けられている。同時代の周敦頤と比べて,『易』と『中庸』とを中心とした思想である点は同じであるが,周敦頤のように太極・無極を説かず,万物生成を一気の聚散と「」の本源的なあり方を示す太虚で説明する。朱子の「気」論の形成に大きな影響を与えた。思想上有名な注釈書のおもなものに,朱子の『正蒙解』 (2巻) ,王夫之『張子正蒙注』 (9巻) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android